スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前最高だよ (金木犀11)

2008年12月09日 23:34

 杉山の声が届くより早く高宮の身体が沈み込み、徹に一直線に迫った。
 しゃあっつ。
 気合と共に、高宮の左前蹴りが徹の顎を襲う。
 容赦の無い蹴りであった。徹はそれを後ろに下がってかわす。

 そのまま高宮は左足を踏み込み、右拳を徹の顔面に打ち込む。自分と相手との圧倒的な体格差を十分理解した動きであった。
 徹は外側に回り込んでかわすが、高宮の右腕が途中で軌道を変える。右肘を外に張るようにして徹の身体に当ててくる。徹の口から無意識に舌打ちが漏れた。
 徹は左手で高宮の肘の軌道を逸らしながら飛び下がり、再び左半身に構えた。
 ここまで僅か四秒。

 観客からはまばらな拍手が起こる。直撃が無いため、見応えのある殺陣に見えるのだろう。
 だが壇上に上がっている男たちは、高宮の一撃一撃が全て本気であることを既に理解していた。
 僅かな攻防で既に徹の息は上がっていたが、高宮の顔には禍々しい笑みが張り付いたままである。
 
 高宮が唇を舐め上げた。
「手で捌くか」
 言うと同時に、またも一気に間合いを詰める。
 今度はファイター型のボクサーのように両拳を顎の前に畳んだまま、突っ込んでくる。徹が再び回り込もうとした瞬間、今度は右膝に高宮の左踵が横から入った。
 
「やっぱりローは苦手か」
 言うや否や、豪雨のようなローキックが徹の足を襲った。斜め上方から執拗に徹の膝を狙ってくる。徹は最初の関節蹴りで被弾した迂闊さに歯噛みしながら、必死に体軸をずらして直撃を避けた。
 が、徐々に高宮の蹴りに削られていく。

 がつん、がつん。
 がつんがつんがつんがつんがつん。

 高宮の蹴りの速度が上がっていく。
 徹は変則的な足捌きで後退するが、高宮のフットワークが徹に距離を取ることを許さない。全国大会準優勝の実力は伊達ではなかった。
 耐え切れず視線を下に落とした瞬間、肘から先だけのモーションで右掌底が徹の顎に迫った。

(避けられない)
 瞬時に判断すると徹は頭を下げて自分から突っ込み、打点をずらす。前頭部に掌底が当たり嫌な音を立てるが、構わず高宮の懐に潜り込む。
 そのまま目の前にある鳩尾に肘を突き立てようとしたが、刹那、強烈な殺気に飛び退った。
 一拍遅れて高宮の右膝が、徹が飛びのいた空間を通り過ぎていく。
 ここまでで三十秒であった。

 徐々に流れが高宮に傾く。
 脚に攻撃を集中された徹の動きが少しずつ鈍り、高宮のショートレンジの突きが身体を捉え始める。両腕で右に左に捌くが反撃の機会を見出せない。

 焦りが隙を生み、その度に高宮の拳が徹を捉える。ようやく尋常ならざる事態を把握し始めた会場から、悲鳴が混じり始めた。危険な勝負になっていることは誤魔化しようがなくなっていた。
 バランスを崩した徹の右腹に高宮の左拳がめり込む。呻き声が漏れた徹の顔を右拳がかすめ、左目の下がざっくりと切れる。
 ステージの袖で腕組みをしていた瓜谷が立ち上がった。その動きに杉山が頷いて、マイクを持ち直した瞬間だった。

「藤原ぁスゲエよ、お前最高だよ。もっと盛り上げようぜ」
 高宮は声を張り上げ、徹に抱きついて自分から攻撃の手を休めた。
 手のひらで徹の背中を叩くと、同意を求めるように両腕を広げて観客に向き直る。
 会場の悲鳴が歓声へと戻り、杉山は上げかけた手を仕方なく下ろす。

 拍手に背を押されて互いに間合いを取るための離れ際、高宮が徹にだけ聞こえるように囁いた。
「で、もう有為とはやったのかよ、え?」
 徹は、唇を腫らした少女の顔を思い出した。

(……お願いだから)
 栗色の髪の少女の言葉が耳に蘇る。
 身体の中で、何かがごりっと盛り上がる音を聞いた気がした。

(いいぜ高宮、盛り上げようじゃないか)
 徹はポケットに突っ込んでいた鉢巻を取り出した。
 一分十秒が過ぎていた。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://waitingforyouguys.blog7.fc2.com/tb.php/98-8c9d1494
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。