スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとジェラシー (向日葵11)

2008年11月07日 00:13

 翌日、徹は筋肉痛に悩まされながら、本部テントで引き続き来訪客の対応をしていた。相変わらず問い合わせが後を絶たず、人の波が途切れて一息ついた時には、既に昼食の時間をだいぶ過ぎていた。
 
 屋台で何か食べよう。そう考えて机の中の食券を探していた徹の前に、今日何度も耳にしたフレーズが聞こえた。
「すいません。たこ焼きのお店教えてもらえません?」
 顔を上げると荻原有理の顔が目に入った。徹は慌てて弾かれたように立ち上がる。

「徹君、反応激しすぎ。みんな見てるよ」
 有理がくすぐったい顔で耳打ちする。一緒に本部詰めをしていた一年生達が小声で囁き合っている。徹は逃げるように有理と本部テントを出た。

「昨日はお疲れ。カッコよかったよ」
 学園祭の期間中は生徒も私服登校である。今日の有理は身体にぴったりしたTシャツと、ふくらはぎまでの丈のパンツを穿いていた。腰の高さと細さが普段よりも際立つ。すれ違う生徒達は、有理を見ると振り返った。

「よくわからないけど、でも凄く気持ちよかった」
 徹は正直な感想を口にする。身体のどこかに、虚脱感に似た感覚が残っていた。有理も大きく頷いた。
「去年より盛り上がったと思う。あんな練習をみんなでやってたかと思うと、ちょっとジェラシー」

 有理は誰の練習する姿を想像して、誰に対して嫉妬したというのだろう。
 高宮はいいのかよ――言葉が喉元まで出掛かるのを、飲み込む。

 学園祭の校舎は父兄や他校の生徒も多く、廊下はひどく混み合っていた。互いの肩や手の甲が軽く触れ合う度に、徹の鼓動は早くなる。誰かと話しこんでいる赤い髪の少女も遠くに見かけたが、追わないことにした。

 たこ焼き屋で店番の三年生に取次ぎを頼むと、額に汗を浮かべた桐嶋が白いエプロン姿で出てきた。太いハの字眉毛と目尻の笑い皺が、不思議にエプロンと似合っている。

「お、荻原さん。来てくれて嬉しいよ」
「俺には感謝の言葉は無しかよ」
 からかう口調の徹に、桐嶋の笑い皺が一層深くなった。
「ふ、藤原がいなければ、もっと嬉しかったよ」
「抜かせ」

 桐嶋は、ここは奢るといって食券を受け取らず、二人は余った食券で綿飴を買って校庭の木陰で食べることにした。

「よいしょっと」
 有理が小さく声を出して腰を下ろし、照れたように口に手を当てる。徹も口真似をしながら並んで座ると、口をとがらせて脇腹を肘で小突いてきた。

(やっぱり可愛いよな)
 しみじみと実感し、同時に胸の奥に痛みを覚える。この感情が何か、判らないわけではなかった。だが徹は湧き出てくる感情を敢えて無視して、有理に話しかけた。

「オギワラユリは、推理劇やってるんだろ」
「うん。杉山君の脚本がすごいの。逆転に次ぐ逆転」
 有理は、見た人は皆驚いていたと身振り手振りで力説した。得意げな杉山の顔が目に浮かぶ。

「で、誰が犯人?」
「それを言っちゃあ、面白くないんだって」
 有理は顔の前で手を振る。

「徹君、ミステリー読まないでしょ」
「読むけど、後書きから読む」
「それじゃあ、ストーリーを読む前に犯人が分かっちゃうじゃない」
 有理は一しきり声を立てて笑った。

 西校舎から出てくる後輩たちが、有理に気づいて手を振って来るのに、有理も手を振り返して答える。と、今度は、同じ学年の男たちが通りすがりに囃し立てていく。
 さすがに有理と二人では、相当目立ってしまうようだった。

 有理も苦笑しながら、再びよいしょとばかりに立ち上がる。慌てて立ち上がりかけた徹に対し、有理は首を横に振った。

「とにかく、昨日はカッコよかった。そのことを『ライバル』に伝えたくて」
「へ?」
「あたし、これから劇の最終公演なの」

 隠しきれない失望の色が浮かんだ徹に、有理は
「徹君、これあげる」
 食べていた綿飴を徹に差し出した。
「じゃ、お互いガンバろ」
 そのまま徹を振り返ることなく艶やかな黒髪が遠ざかっていく。

 迎えた後夜祭、今年のベスト・チームは有理と杉山を中心にした推理劇「ミステリー・スクール」だった。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://waitingforyouguys.blog7.fc2.com/tb.php/81-a824a6f0
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。