スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことわざマニア

2010年02月06日 01:20

 こんばんは。

 実際の会話で、ことわざってどのくらい使われているのでしょう?
 キャラを立たせようと思うと、やたら故事成語やことわざを使う高校生なんてのは美味しい「お約束キャラ」な気がします。

 自分でもそんなキャラを登場させたかったのですが、本編ではその思いはかないませんでした。そこで、サイドストーリーではリタにその役回りを担ってもらっています(「月の裏4」)。
 日本の警句や故事成語、ことわざの類を使いたくてしょうがない時期が秋頃にあった、という裏設定まで後付けしてます(笑)。

 「ことわざ好き」属性をリタに付与した理由は、あることわざを彼女に言わせるつもりだったからなのですが、考えてみれば肝心のそのシーンを書くのを忘れてました。うかつでした。
 で、思い出したらどうしてもその台詞をリタに言わせたくなってしまい――

 というわけでようやく今日の本題(!)です。幻のリタの台詞を紹介させてもらいます。
 
「徹、日本には二兎を追うものは一兎をも得ず、という言葉があるそうだな」
 
   * * * * * * *

 この台詞、聞いた徹は思わず絶句することになります。
 どんなシーン(文脈)でリタがこれを口にしたのかは、同志の方のご想像にお任せします。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://waitingforyouguys.blog7.fc2.com/tb.php/270-b145ddb4
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。