スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汝の名は藤原徹

2010年01月29日 23:16

 如月の宝玉には、主人公を含め9人の高校生が登場します(番外編の少女を加えると10人です)。
 多いでしょうか、たぶん多いです。

 というわけで当初書くにあたって自分の描写力と相談した結果、外見や性格での特徴付けに加えて各キャラクターの台詞にも特徴を持たせることにしました。
 簡単にいえば、各キャラクターが主人公を呼ぶ時には目印が付いているのです。
 
 あまりに安易で他の物書きの方から失笑されそうですが、作者は結構本気でした、はい。

 少女たちは、番外編キャラを含めこんな具合です。
「徹、私は空腹だ」
「徹君、おなか空いてない?」
「あんた、ホント気が利かないわね」
「徹ちゃん、ご飯行かない?」
「藤原さんも食事ですか?」

 対する少年たちはこんな感じです。
「藤原、ここの飯はうまいぞ」
「藤原ぁ、俺は腹減ったんだよ」
「ふ、藤原もこれから昼か?」
「藤原先輩、学食行きましょうか?」

 上記の例文(?)を見て頂くと明らかな通り、各人が主人公を呼ぶ名前は全て異なっています。
(小さい「ぁ」が付くとか、「ふ」が付くとか、細かすぎてすいません……)
 どれが誰の台詞か、お判りでしょうか? 

 書いてみて、まだ「徹っち」「藤原君」「徹さん」などが空いていることに気付きました。
 ということは、あと数人はキャラが増やせる――すいません、調子に乗りすぎました。

 ちなみにあだ名(ニックネーム)で呼び分ける、という手もありですが、如月の宝玉にはあだ名はあまり登場しませんでした。リーたん、とかそのまんまですし。

 その中で一人例外がありまして、彼女だけは「撃墜王」とか「暴君」とか影のあだ名(?)を持っています。その少女は家では、「ゆいがどくそん」と呼ばれたりしていて――
 やっぱりそのまんまでした(笑)。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://waitingforyouguys.blog7.fc2.com/tb.php/266-2e37aebb
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。