スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警告したからな (桜12)

2008年10月19日 22:13

 翌日から、徹とリタは極力一緒に行動することにした。
 そうすることで何が変わるのか、二人にもわからなかった。だが、自分たちには必要なことだという思いは揺ぎ無かった。休み時間にお互い教室に寄っては、他愛のない話をした。

 そして数日後の昼休み、二人で混雑する学食に行ったときのことだった。
 リタはランチボックスを持参している。先に席を取っておく――そう言ってリタは背を向け、徹が麺類のコーナーへ急いだところで、見覚えある少女とすれ違った。

「あれ、有為ちゃん」
 徹の声に、荻原有為は怪訝そうな表情を浮かべた。
 徹は言葉を続けようとして、その後ろに立っている男に気付いた。
 高宮武だった。
 
 高宮は荻原有為を後ろに下がらせると、覆い被さるように徹を睨みつけてきた。
「また女に声掛けてんのか、藤原ぁ」
 高宮の台詞も不快だったが、続く有為の言葉に徹は表情が強張った。

「藤原……さんですか。すいません、覚えてなくて」
 声を掛けられることに慣れた台詞だった。
 高宮がもう一度威嚇するように顔を近づける。その面長で彫りの深い顔立ちが、酷薄そうに歪んでいる。
「どっか行けってよ」
 外見だけであれば有為と釣り合っている。そう表現できる高宮の容姿だったが、唇は徹に対する感情を映すかのように歪んでいた。徹は思わず一歩後ずさった。

 ただならぬ事態に気づき始めた周囲の視線が、集中する。だが止めようとする者は無い。この後どうなるのか見てみたい、そんな好奇と期待の視線が大半である。
 どうすべきか。徹が逡巡したその時――

「徹に何をする!」
 騒ぎに気付いたリタが割って入った。
 徹を庇う様に足を大きく開き、両の拳を握り締めて高宮の前に立つ。まさに燃え立つ炎であった。

「そっか……リタの組んだ人か」
 ようやく思い出したかのように有為が呟く。だが徹には、その後の独り言まで耳に入った。
 年下の子に助けられるなんて、カッコ悪い――

 屈辱感に顔が熱くなった。
 一方で、自らの優位を確信している高宮の眼はリタを通り越し、徹に照準を合わせたままである。

「よかったな、連れが助けに来てくれて」
 高宮はそう言うと、べろんと、どこか卑猥な仕草で唇を舐める。どこかグロテスクなその大きな拳を胸の前で重ねて見せる。不快な仕草ではあるが、そこまでなら耐えられた。だが、反応を示さない徹に対して高宮はさらに言葉を継いだ。
「俺は強いぜ」

 高宮の言葉を聞いた瞬間に小さな音を立てて、何かが徹の心の中で外れた。
 徹は無言で、リタの前に一歩出る。周囲が無謀さにざわめいた。
 
 混雑した学食の中で、高宮と徹を遠巻きに取り囲むように輪が出来始める。何か言いかけようとしたリタを、徹は黙って腕で制した。
「警告したからな」
 高宮が嬉しそうに、軽く前足でステップを踏み始めたその時だった。

「徹ちゃん、リーたん!」
 能天気な大声が、学食中に響き渡った。
「早く来てよ、さっきから待ってるんだから。貧血で倒れたりしたら、徹ちゃんどう責任取ってくれんのよ!」
 場の雰囲気など全く気付かぬように、楠ノ瀬麻紀が大股で近付いてきた。

 徹の耳とリタの手を取り、客扱い慣れした笑顔で徹たちを連れ去っていく。徹は、思わず間の抜けた悲鳴を上げながら、楠ノ瀬の後を追った。リタも、突然出現した楠ノ瀬に諾々とついていく。
 高宮も、毒気を抜かれたように立っていた。

「高宮に有為ちゃん、またね」
 振り返った楠ノ瀬の言葉に、観客達が安堵とも失望とも取れぬ溜息を漏らした。

   * * * * * * * *

 告

 本年度の連は以下の通りとする。

…………
 リタ=グレンゴールド(一年一組) ― 藤原徹(二年三組)

…………
 杉山想平(一年二組) ― 荻原有理(二年三組)

…………
 荻原有為(一年三組) ― 高宮武(二年三組)

…………
 楠ノ瀬麻紀(二年三組) ― 瓜谷悠(三年三組)

…………
 
 以上

 五月一日
 参宮学園高校 事務局

 目次に戻る



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://waitingforyouguys.blog7.fc2.com/tb.php/25-ea2d35ea
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。