スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤原徹はどこだ? (月の裏4―1)

2010年01月02日 00:52

「藤原徹はどこだ?」

 うららかな十一月の昼休み、参宮学園二年三組の教室に男の野太い声が響き渡った。
 自席に座っていた藤原徹が弾かれたように顔を上げると、教壇の前で三年生と思われる男子生徒が腕組みをして立っていた。

 刈り上げた短髪、太い眉と太い鼻。季節はもうすぐ冬だというのに捲りあげたシャツの袖から覗く腕は、太い。男が醸し出す威圧感に教室中が静まりかえる。
 最前列の生徒が気圧されたように椅子を引いた音が、徹の耳にやけに大きく聞こえた。

(何だよ、これ……)

 徹に心当たりは無い。
 だがこの場で賭けろと言われれば、続く展開は果たして悲劇か喜劇か、はたまた大活劇か。
「選択肢にはないけど、バイオレンスに千点かな」
 隣の楠ノ瀬麻紀の独り言が耳に入った。

 何故自分の考えていることはいつも読まれてしまうのか。徹は溜息をつきながら、さりげなく身体を屈めて壇上の視線から逃れようとして――

 気付いた。
 既にクラス全員が自分を見詰めていた。

 壇上の男が不吉な笑いを貼り付かせたまま近付いてくる。と思うと肉厚の手が徹の肩を掴んでいた。
「先輩から呼ばれたら返事をしなくちゃな、藤原」
 口調こそ親しげだが、その太い眉は吊り上っている。

「スプラッタにも千点追加かな」
 隣では無責任な独り言が続いている。

「は、はい、先輩」
 徹は肩を掴まれる痛みに顔をしかめながら立ち上がった。男の笑みが大きくなる。

(こんなことなら朝、占いを見てくるんだった)

 上級生に引き摺られるように教室を去る間際、徹の視界の端に、ぽかんと口を開けている荻原有理の顔が映った。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://waitingforyouguys.blog7.fc2.com/tb.php/246-ae289ccd
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。