スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二年連続で一人は切ないよ (桜10)

2008年10月15日 00:49

 リタは、それから毎日徹の教室に来るようになった。
 連を申し込まれたとき、徹は確かに何か匂いを嗅いだはずだが思い出せない。血の匂いだった気もするが、今はリタの髪から仄かに甘く乾いた香りが漂うだけである。

「ふうん、リーたんは遠縁のお姉さんと二人暮らしなんだ。で、また聞いちゃうんだけど、リーたんは徹ちゃんのどこがいいと思ったわけ」
 楠ノ瀬麻紀が興味丸出しで覗き込む。
 今日は学食の丸テーブルを二つ繋げ、徹たちはリタを囲むように食事を取っていた。メニューから徹と桐嶋はカレーを、楠ノ瀬麻紀はサンドイッチを選び、荻原有理とリタは持参した弁当を広げている。

「ナンバーワンになるために、徹が必要だからだ」
 当然といった表情でリタが答える。
「ふ、藤原のどこが必要だったんだ、リ、リーたんは」
「今は説明できない」
 あまりに簡潔なリタの答えに、桐嶋が左右に広がる太い眉をハの字にして、気にしないでくれと慌てて手を振る。リタの一言には妙な威厳があり、徹や桐嶋などしばしば圧倒されてしまう。

「リタちゃんは、ライバルと思う子はいないの?」
 有理の問いかけにもリタは表情を変えず、ナプキンで口を拭いながら首を横に振った。
「あたしの妹なんかどう? 荻原有為って知ってる?」
「知らない。だが、二年生では貴方がライバルだろう」

「敢えて言えばって感じね。昨年の優勝者に、一応敬意を払ってくれたってとこかしら」
 有理が苦笑いした。

(昨年の優勝者?)
 徹はカレーを頬張ったまま目を見開き、他の全員が何を今頃といった表情で徹を見る。有理は弁当の苺を摘みながら、
「まあ、去年は瓜谷先輩のおかげだし。でも、今年もいい線いくかな」
 澄ました顔で口の中に入れた。

「お、荻原さんは、今年も瓜谷先輩と組むつもりかい?」
 有理は、勢い込んだ桐嶋を手で制して苺を飲み込むと、
「今年は、一年の杉山君と組むことにしたんだ」
 と答えた。

 入学式で挨拶した一年生の注目株の名を耳にして、徹たちは驚きの声を上げる。周囲が何事かと振り向いたが、当の本人は涼しい表情で楠ノ瀬に話題を振った。
「麻紀ちゃんは、結局どうしたの」

「楠ノ瀬も人気あったよね」
 徹の問いかけに、楠ノ瀬は艶然と髪の毛を掻き上げる。
 今日のピアスは水色だった。
「何度も麻紀ちゃんって呼んでって、言ってるのになぁ」
「……」

「それより桐嶋。あんた大丈夫? 二年連続で一人は切ないよ」
 楠ノ瀬の無遠慮な問いかけに、小柄な桐嶋がさらに身を小さくして俯く。ひとしきり桐嶋の話で盛り上がった後で、リタが何気ない調子で話しかけてきた。

「徹、今度うちに来ないか。今後の策を練りたい」

 楠ノ瀬が、大袈裟に徹の肩を抱いた。
「頑張ってね、徹ちゃん」


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://waitingforyouguys.blog7.fc2.com/tb.php/22-b0234c33
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。