スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

では、確かめよう (桜8)

2008年10月10日 00:48

 想像だにしていなかった口説き文句だった。
 徹も、そしてクラス中の全員も絶句した。
 高宮を取られずに済んだと喜びかけた他の一年も、ただ絶句した。
 教室の時計の秒針が刻む音だけが響き――
 
「あっはっは……やっぱ徹ちゃん、大物だ」
 ただ一人、一足早く復活したのは、隣にいた楠ノ瀬麻紀だった。
 周囲は未だ硬直したままである。が、リタは全く気にすることなく、徹だけを真正面から捉えていた。

「あの、グレンゴールドさん……多分人違いだと思うんだ。第一、僕の名前を知らないってことは――」
 申し訳なさそうに話しかける徹の言葉を、リタは左手を挙げて制した。
 ターコイズ・ブルーの瞳の中に抑え切れない興奮が映っているのを見て徹は息を呑み、軽く勃起した。

「間違いない」
 リタの表情は揺るがなかった。
「いや、そういっても――」
「では、確かめよう」
 リタは突然、徹の右手を取ると、自分の左手と指同士を組み合わせた。

 教室中が息を呑んだ。先ほどまでとは性質の異なる、異様な静寂が辺りを支配する。
 楠ノ瀬麻紀さえも、再び押し黙った。
 徹は恋人同士のように指を組み合わされ、そのまま石になってしまった。 

 身体の中で、激しく渦巻く興奮と混乱。そして、リタが教室に入ってきて以来感じているこの匂い。
 甘くなど無い。芳しくなど無い。
 では何故、自分がこの匂いをこんなにも懐かしく思うのか。

 徹は、名前を呼ぶのが精一杯であった。
「リ……タ」

 リタは徹と手を繋いだままで軽く瞳を閉じると、何事かを呟いた。
 白い肌に、薄らと雀斑の浮かんだ高く細い鼻。意思の強さが示された真直ぐな眉。
 前髪の間から覗く額には、隠すことの出来ない聡明さが宿っている。
 必ずしも完璧な美人とはいえない。が、見る者を惹きつけずにいられないその顔が、軽く頷いた。
 
 瞳を開くと、リタは先ほどの言葉を繰り返した。
「徹、お前を探していた。お前の一年を私に預けて欲しい」

 徹は首を横に振ろうとした。
 誓ってそのつもりだった。
 だが、口を突いて出たのは全く別の言葉だった。

「僕でよければ」

 徹は、至るところから響き渡る驚愕の叫びを、他人事のように聞いていた。



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://waitingforyouguys.blog7.fc2.com/tb.php/17-2b900522
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。