スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうか、無いか (夢見の宝玉2)

2009年01月27日 19:34

「明日は、何か用事はあるか?」
 リタからそう聞かれたのは二月十三日だった。いつの頃からか徹たちの指定席になった学生食堂の左隅で、二人は宿題を解きながら楠ノ瀬麻紀を待っているところだった。

 シャープペンを持つ手を止めて顔を上げた徹に、リタは眉一つ動かさずに続けた。
「日本では、バレンタイン・デーに女からプレゼントを渡す習慣があるそうだな」
「ん……ああ、明日は特に予定は無いけど」
 答えながら一瞬、荻原有理の顔が浮かんだ。表情に出ないよう細心の注意を払ったが、正直うまくいったかは自信がなかった。

「そうか、無いか」
 リタは一人納得すると、再び国語の教科書に目を落とした。赤い髪が教科書にまで掛かっている。大理石の彫刻のような形のよい耳が顕わになる。徹は無意識に唾を飲みこむと、自分も英語のテキストを読み始めた。

(まいったなぁ)
 誰に言うともなく呟いて目の前の英文に集中しようとしたが、字句が上滑りして頭に入らない。
 Romance has changed in many ways, but
(来年のバレンタインデーは受験だな)
 Romance has changed in many ways, but the vital ingredients are still the same.
(時を超えても変わらないものって――)

「徹――」
「へっ?」
 顔を上げると、驚くほど近くにリタの瞳があった。咄嗟に椅子を後ろに引くと大きな音が食堂に響いた。
 もっと自然な形で話を持って行きたかったのだろう。リタは徹のリアクションに僅かに困惑したようだったが、唇を再度一文字に引くと脚を組み替えた。制服のスカートから白い膝が覗いた。

「明日は、私のために空けて置いてくれ」
 赤い髪の少女の台詞は余りにシンプルだった。徹は頬が火照るのを感じる。
「リタの頼みであれば勿論、構わないよ」
 徹が早口でそれだけ告げると、リタは感謝の言葉を口にした。
 
 だが、その表情は冴えなかった。
 
 いや、正確に言うべきだろう。
 リタの憂いは、徹の返事にかかわらず晴れることが無かったのだった。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://waitingforyouguys.blog7.fc2.com/tb.php/120-676174eb
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。