スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月の裏で会いましょう 3/ まえがき

2009年07月14日 23:04

 前回の簡単な読み物から二か月半、久し振りにサイドストーリーを作成しました。

 第一作、第二作同様「月の裏」シリーズであり、如月の宝玉本編の裏側で実際に起きていた話です。
 ブログ小説の特性を生かし(?)て「季節感のある小説もいいかな」と思い、作品の舞台を七月に設定しました。全三回での掲載となります。

 それでは、本編を読んで頂いた同志の方に感謝を込めて始めます。
スポンサーサイト

リタ、俺と付き合おうぜ (月の裏 3―1)

2009年07月14日 23:22

「リタ、俺と付き合おうぜ」
 七月十九日、参宮学園祭二日目の午後。
 リタ=グレンゴールドは、一年生の男子生徒と人気のない音楽教室で向かい合っていた。

 二人は黒いグランドピアノの横に並んで立っている。今日も朝から雲一つない晴天であったが、ブラインドが半ばまで下ろされた音楽教室には、眩しい屋外とは異なりどこか静けさが漂う。

 リタに告白してくる相手は、入学してからこれで四人目。即ち毎月一人のペースである。
 果たしてこれをどう理解すべきか。徹より少しだけ小柄な同級生を前に、リタは漠然と思いを巡らす。

 これまで声をかけてきた男たちは皆、似たタイプであった。ろくに言葉すら交わしたことも無い――正確に言えば少なくとも自分の側にその記憶はない――のに、妙に根拠のない自信に溢れていた。

 自分は、こうした男たちの「攻略対象」リストの上位に掲載されているらしい。知らず陶器細工のような頬に微かな薄笑いが浮かぶ。
 彼らは自分が狩人だと思っているが、狩ろうとする獲物が兔なのか狼なのかすら判っていない。

「お前には、藤原先輩より俺の方が合ってるって」
 これも皆同じ台詞だ。リタは半ば呆れ、半ば感心する。それほどまで藤原徹は、本性を隠すのに長けているのだろうか。

 徹が牙を持っていることを、学園の誰も知らない――もっともその牙で敵を喰いちぎったことがあるかは疑問だが。そして自分だけが徹のもう一つの顔を知っている。そのことにリタは誇りと、そして時に興奮すら覚えてしまう。
 そこまで考えたところでリタは、同級生に意識を戻した。

「どうやら有為が待っているという話は嘘らしいな。戻っていいか?」
「リタ、お前年下だろ。十四歳、いや場合によっちゃ十三歳か」
 リタの言葉を無視したままで一歩近付いた男子生徒に対し、リタはポーカーフェイスを崩さなかった。

「どうしてそう思う」
 今回の男子生徒も外見だけで言えば水準以上ではあるが、リタにとって全く興味は無い。
 相手が近付いたのと同じ分だけ、おもむろに距離を取った。

「どうしてか、教えてやろうか」
 男子生徒が厚い唇を嬉しげに開く。粘り気のある声が続いた。

「子供の匂いがするからな」

 僅かに――ほんの僅かにであるが、その言葉に反応してしまった。
 男子生徒の顔に、してやったりとばかりの表情が浮かぶ。リタは自身に内心舌打ちすると、直ぐに主導権を取り返すことにした。相手がこういう戦い方を選ぶなら、自分も別に躊躇する必要はない。

 リタは胸元まで掛かる豊かな赤い髪を掻き上げると、そのまま前に腕を伸ばした。陶器を思わせる少女の白い腕が自分の耳元に伸びるに及んで、男子生徒は身を固くする。
「お、おいおい。ちょっと早い……」
 少女から子供の匂いがすると告げたのは、どの口だったか。瞼を閉じた異国の少女を前にして、男子生徒は先走った妄想に声が上擦る。

 次の瞬間、男子生徒の期待は脆くも裏切られた。

「お前、誰に振られた?」
 再びターコイズブルーの瞳を開いた少女の声は、低い。
「あ?」
「有為か? なるほど、それで今度は私のところに来たか」

 肌に触れて何を読み取ったのか。だがそんな能力の存在など、男子生徒に判るわけはなかった。
 男子生徒の目に動揺と、続いて凶暴な光とが浮かぶ。
「て、てめえ――」

 鼻孔が広がり、厚い唇が小刻みに震えている。後の言葉が続かないままリタに近付いてくる。
 今度はリタも下がらなかった。ターコイズブルーの瞳を正面に向け、敵を迎え撃つかの如く顎を高く上げる。

(久しぶりに試すか)
 声に出さず口だけを僅かに動かした。桜色の唇の隙間から、ちらりと赤い舌が覗く。
 リタの意図に気づかぬまま、男子生徒が薄い肩を掴もうとする。リタが指の間に何かを挟んだ瞬間――

 飛んできた茶色い楕円形の物体が、男子生徒の顔を直撃した。

「痛えっ!」
 鈍い音とともに、間の抜けた悲鳴が上がる。
(ラグビーボールか?)
 咄嗟に避けたリタが、足元に転がったものを見る。

 それは三十センチ近くある、踵を履き潰したローファーだった。

「悪い、歩いてたらすっぽ抜けちまった」
 太い声の主はリタ達より頭一つ高い。
 男はドアのところで一旦頭を屈めると、音楽教室の中へと大股で入って来た。 
「おい小憎。どっか行け」
「な……」
 反射的に何かを言いかけた男子生徒は、改めて男が誰であるかを理解して言葉を呑みこむ。

 男は高宮武だった。

 黒いTシャツの胸は盛り上がり、両拳にはグロテスクな蚯蚓腫れが浮かんでいる。ワンサイズ上を腰穿きしたカーゴパンツの足は、少女の腰を思わせるほど太い。
 全てが男の危険さを雄弁に物語っていた。

「俺は、どちらでもいいんだぜ」
 高宮のトーンが微妙に変わる。どちら、とは何と何を比べているのか。言葉を付け足すことなく、当人同士は完全に理解していた。
「どうする?」
 高宮の声は優しい。が、格が違っていた。

「じゃ、じゃあリタ。考えておいてくれ」
 高宮に圧倒された少年は、どうにか言葉をひねり出すと背中を向けた。
 出口のドアの段差で躓いて大きくよろめいたが、更に声を掛けられるのを恐れたか、照れ隠しのリアクションもせず足早に出ていく。
 高宮はドアに向かって唾を吐いた。

「けっ。胸糞悪いぜ」
 落ちていた茶色のローファーを拾い上げると、右足を通す。
 二人の遣り取りを黙って見ていたリタだったが、
「高宮、礼を言う」
 そう短く口にした。

「お前、何か勘違いしてないか?」
 高宮は面長の顔を――確かに徹よりはハンサムだと思う――近づけて来る。高宮は意外にピアスが似合っていた。
「教えてやろうか。藤原の野郎は今、有理と一緒だぜ」

「ああ、知っている」
 リタの表情は揺るがない。

「あいつも馬鹿だぜ。自分の女が原田みたいな屑に声掛けられてるのも知らず、鼻の下を伸ばしてやがる」
「徹は関係無い」
 即座に、そして冷静に否定するリタに、高宮は大声で笑った。思いのほか甲高い声が二人だけの音楽教室に響く。

 高宮はひとしきり笑った後で、
「おいリタ、ちょっと付き合え」
 そう言って、口の端を上げた。

「奇遇だな。俺も、有理とは関係ないと思ってたところだったんだよ」

お前みたいな女は嫌いじゃないぜ (月の裏 3-2)

2009年07月17日 00:18

 二人は、学園内外の生徒たちで賑わう校内を一巡りした。

 よそよそしくも無いが、かといって親しげでも無い。自然体で並んで歩くだけの二人だったが、行く先々で周囲の視線が纏わりつく。
 注目を浴びるのには馴れた二人だったが、お互い普段と違う種類のものが混じることに気付いていた。

「なるほど、お前はいつも、こういう視線を浴びているのか」
 赤い髪の少女の言葉に、茶髪を刈り込んだ男も答える。
「俺も、同じことを言おうと思ってたぜ」

 高宮はあちこちにある屋台や模擬店で食べ物を要求しては、そのままリタに押し付けてきた。
「おい、食券は払わなくていいのか」
「あ?」
 リタの指摘に面倒くさげに高宮が振り向くと、売り子の一年生に視線だけ向ける。腕の太さが高宮の半分しかない少年は、逃げ腰で首だけを横に振った。

「ほらな、いいってさ」
 そう言って、今度はたこ焼きを紙箱に詰めさせている。
 対価を払うなどという概念は、頭から抜け落ちているらしかった。

「高宮、お前は食べないのか」
 リタは質問を変えた。
「減量中なんだよ。来月体重別の試合だ」
 高宮は、拳ダコのある手を自分の胸の前で組み合わせて、ぼきりと指の節を鳴らした。
「食っていいのは、鳥のササミかツナ缶だけだ」

 もちろんノンオイルだぜ――付け足す口振りは、まんざらでもなさそうだった。話は終わりだとばかりに、また高宮は歩き出す。
 リタも後を黙って追った。

 校舎内には文化部の各種展示に混じって、教室を改装したゲームコーナーやお化け屋敷といったアトラクションも並んでいた。二人の姿を見ると歓声を上げて呼び込もうとする同級生達もいたが、二人は特段足を止めずにただ歩く。
 途中で楠ノ瀬とも出会ったが、驚いた素振りも見せず手を振って来るだけだった。
 リタと高宮は一通り校内を回った後、東校舎の廊下に並べられた椅子に腰を下ろした。

   * * * * * * * *

 体重が自分の倍ほどもありそうな男は、横に座って紙パックのウーロン茶を飲んでいる。汗ばんだ太い首の根元が規則正しく上下するのをリタが眺めていると、高宮は不意に話を始めた。

「俺は、お前みたいな女は嫌いじゃないぜ。折れそうで、とことん世間に突っ張って、しかもぽきりと折れることが判っても、それを止めない」
「有理と違うタイプだと思うがな」
 冷静なリタの言葉に、高宮は鼻に皺を寄せた。

「俺はな、そういう女を見ると自分の手で折ってやりたくなるんだよ。女だってそこら辺のくだらねえ奴らに引っかかるよりは、よっぽどいいだろ」
 思わせ振りに、べろりと唇を舐める。

 こんな会話をするときでも、高宮は声を潜めない。目の前の廊下はひっきりなしに人が通り過ぎていく。
 だが不思議と自分たちの周囲だけは、関わり合いを避けるかのようにぽっかりと空いていた。

「高宮、お前不器用な男だな」
 心からの感想であった。それを聞いた茶髪の男は、気を悪くするでもなく歯を剥き出す。

「どこがだよ。空手は黒帯で、喧嘩なら学園の誰よりも強い。うちの主将よりもだ。女はほっといても寄って来る。正直、ここで俺と同じレベルで会話できるのは、瓜谷先輩だけだぜ」

 一呼吸置いて、男は続けた。
「リタ、来年は俺のところに来い。可愛がってやる」
 そこに傲慢な響きはあったが、不思議と卑しさは感じられなかった。

(なるほど、確かにこの男も――)
 リタは一人、小さく頷く。

「高宮、お前の存在も興味深い。だが、来年はもう――」
 男は大きな手をリタの顔の前に広げると、最後まで言わせなかった。
「判ってるよ」
 面倒くさげに首をごきりと鳴らすと、ふと思い出したのか高宮は話題を変えた。

「ところで昨日のあれ、誰が考えたんだ」
「あれ、とは何だ」
「前夜祭でお前らがやった、型だよ」
 挑むような目付きで訊ねてくる。奇妙な表現にリタは一瞬眉を顰めたが、
「振付を考えたのは、徹だ」
 そう口にした。

「……なるほどな、藤原の馬鹿か。やっぱり思った通りだぜ」
 凶悪に口を歪める男を前に、可笑しみが湧き上がってきた。

「おい。リタ、何だよその眼は」
「馬鹿という言葉は、日本では一種の友情の表現か?」
「あぁ?」
 高宮が訝しげに眉根を寄せる。

「徹もお前のことを、よく馬鹿と言っている」
 皮肉ではなく、ただ思ったことを口にした。
「……あの野郎」
 それを聞くや否や、頭一つ高い高宮のこめかみに血管が浮かび上がった。その鼻先をぐっとリタに近づけてくる。

「あの糞馬鹿野郎に伝えろ。お前なんか眼中にないとな」
 空になったウーロン茶の紙パックを、ぐしゃりと大きな手で握りつぶす。そのまま椅子から立ちあがると、いつか叩きのめしてやる――そう捨て台詞を吐いて肩を怒らせ去って行く。
 廊下の中央を大股で歩く高宮を避けて、人の流れが両脇に割れた。

 そして、高宮が舞台の袖へと去った。そう表現するのが相応しい絶妙のタイミングで、次の登場人物が反対側から走ってきた。

(噂をすれば影か。何と今日は目まぐるしいことか)

 今度は、藤原徹であった。

済まない、冗談だ (月の裏 3-3)

2009年07月19日 01:00

「リタ、大丈夫かい。高宮の馬鹿がリタを連れまわしてるって聞いて」
 おそらく楠ノ瀬麻紀から聞いたのだろう。だがこの反応は、果たして何と説明されたのか。麻紀のほくそ笑む表情が目に浮かぶ。
 リタは改めて、息を切らせている少年を観察した。

 ぼさぼさの髪の下、心配げな表情を浮かべた少年の顔には汗が浮かんでいる。ふわりと少年の匂いもしたが、それはリタにとって不快なものではなかった。

(そう言えば私のことを、懐かしい匂い――と言っていたな)

 数か月前のことを思い出して自然と口元が緩みかける。表情の変化を徹に悟られぬよう、額の前にかかった赤い髪を意識的に掻き上げた。
「ああ、大丈夫だ。ところで徹の方は、誰かと一緒だったのか」

 ちょっとした悪戯心からの付け足しだったが、少年は激しく動揺した。その眼が左右に泳ぐ。
「え……いや、そのクラスメイト――」
 そこで一瞬間があったが、結局、潔く続きを口にした。
「クラスメイトの荻原有理と」

 リタは満足して頷いた。
「そうか、心配かけたな」
 その言葉に徹の顔が明るくなる。

「リタ、荻原有理と杉山の推理劇の最終公演が三時半からなんだ。一緒に行かないか」
 徹は、さっきまで高宮が座っていた椅子に腰を下ろすと、二人の推理劇が如何に評判になっているかを滔々と話し出した。

 見てもいないのに身振り手振りを加えて話すのは、先程まで一緒だった有理からの受け売りだろう。徹は、年下の自分から見ても、素直というか無防備なところがある。ある意味、先ほどの高宮とは好対照と言えた。
 だがリタは、徹とこうした会話をするのが好きだった。

 自分が徹を選んだのは、「あれ」を見たからだけでない。自分は牙を利用したいためだけで選んだわけではない。この少年に惹かれたのはこういった心の在り様も含めてなのだ。 
 そう己に言い含める度に、いつも心の奥深い部分が楽になるのを実感する。

(徹には、助けられているな)
 リタは心の中で感謝を口にしたが、実際に声に出したのは短い相槌だった。

「そうだな、見に行こう」
 愛想のない返事にもかかわらず、徹に再び無防備な笑顔が浮かんだ。それを見て悪戯心がまたも頭を擡げる。
 リタは敢えて顔から感情を消したまま、傍らに座った徹の頬に手を伸ばした。
 それだけで少年は、ぎくりと表情を変える。

「リタ……?」
 これでは触れるまでもないか――そう思いながら少年の頬に手を添える。
「徹、何かついているぞ?」
 意味ありげにターコイズブルーの瞳を閉じる。数秒後おもむろに眼を開けると、重々しく頷いた。
「なるほど、綿飴か。まあ、このくらいなら許してやるか」

「なっ……」
 徹は今度こそ耳まで赤くなった。リタは流石に堪え切れず、小さく背中を震わす。
「リ、リタ。まさか、からかっているんじゃ」
 少年の声が何とも恨めしく響いた。

「済まない、冗談だ」
 普段と変わらぬ声に戻って立ち上がると、リタは推理劇が開催される講堂へと歩き出す。
 廊下のガラス越しの日差しは先程までと変わらず、うだるような暑さはむしろ増している。だが、その暑さこそが、自分が日本にいることを強く実感させた。

(母も十五年前に、こうして過ごしたのだろうか)
 ターコイズブルーの瞳を細めながら、長い髪を掻き上げた。
「お、おい、待ってくれよ」
 慌てた徹の足音が、後ろから追いかけてくる。

 少女にとって初めての日本の夏は、始まったばかりであった。


 月の裏で会いましょう 3 完

月の裏で会いましょう 3/ あとがき

2009年07月19日 01:03

 今回の「月の裏で会いましょう 3」は、本編第二章向日葵11の裏側で起きているシーンでした。

 先日から絵師の方にキャラデザインをお願いしているのですが、文章を書きながらそのキャラで各シーンが脳裏に浮かぶのは新鮮な体験でした。
 特に高宮武については作者にとっても「敵役」の印象が強かったのですが、素敵な絵を頂いたことで今回筆が進んだ気がします。

 というわけで、もし前作よりも生き生きとしたシーンが少しでもあったとしたら、それは絵師の方のおかげだと思っています。

 最後になりましたが、ここまでお読み頂きありがとうございました!

 目次に戻る



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。