スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だが、夢の如し――だ (プリムラ7)

2009年01月17日 00:59

 徹は夢の中で天蓋と呼ばれていた。


 天蓋にこの屋敷に来る前の記憶は無い。
 気付いた時はここにいた。
 まだ歯も生え揃わぬうちから、葛原貞義の影として寄り添うことを運命とされた。
 
 自分の学ぶ技は何のためか、家長の貞義が自分を陰でどう呼ぶか。
 天蓋が知らないわけではない。
 
 それでも構わなかった。
 自分は道具だ。天蓋の数少ない信念である。
 自分は貞義の道具である――それで構わなかった。
 
 あの年下の少女と言葉を交わすまでは。

   * * *

 木蘭と金鳳花の咲く道を歩く。
 一面に広がる黄色の五弁が心を和ませる。
 天蓋にとって一年で一番幸せな季節だった。
 
 さっきから木蘭は、兄の貞義の仕打ちに腹を立てている。
 天蓋を無能扱いしたというのだ。
 だが当の天蓋は全く腹が立たなかった。
 あれほど怜悧な貞義が、道具の自分をそう思わない方がおかしいと納得しているからだ。
 
 無論、天蓋の頭の中に怜悧などという言葉はない。
 貞義殿は間抜けな己と違う――そう言っただけである。
 
 天蓋は知っている。
 その宿命故に鬼娘と避けられた木蘭が、心の内に誰よりも聖なるものを持つことを。
 立夏を過ぎ、爽やかな風が木蘭の髪をなびかせる。
 
 天蓋は目を細めた。
 ずっとこの季節が続けばよいのにと思う。
 ずっとこのままでいられればよいのに。

 ずっと木蘭の傍にいられればよいのに。

   * * *

 月を見に行こう。

 誘ったのは木蘭だった。
 天蓋も既にその理由を承知している。
 黙って頷き、木蘭の後ろを歩いた。
 空気の澄んだ夜だった。
 月影が木蘭の銀髪を一層輝かす。

 自分の一族は長じると髪が銀色に変わるらしい、そんな台詞を淡々と話すのを聞いた。
 今年の春、木蘭の髪は見事な銀髪に変じた。
 人々は鬼娘が本性を現したと噂しあった。

 だが、天蓋には本性とやらが何をさすのか全くわからない。
 木蘭の身体が、微かに女性らしい丸みを帯びるのを感じたのみである。
 醜悪な排斥感情が人間の本性ならば、他の者こそ正しく本性を現したといえるだろう。

 二人は黙って夜道を歩く。
 桜の若木の下、並んで空を見上げると満月が二人を照らしていた。
 春の夜の朧月夜にしくものぞなき。
 古の人はそういってこの季節の月を愛でたと、木蘭は教えてくれた。

 木蘭はものをよく知っている。
 いや、知識だけでない。
 もはや葛原で木蘭と互角に打ち合えるのは、天蓋のみでないだろうか。
 そして貴賤の隔てなく接する、清らかな心の在り様。
 全てが貞義殿より上――そう言い掛けて、何度その言葉を飲み込んだ事だろう。

「それにしても、何とまあ綺麗な月か」
 木蘭が感嘆の声を漏らす。
 よい夜だった。
 誓いを立てるのに、またとない夜だった。

「我ら、天の理を知り地の則に服し――」
 木蘭が低く謡うように言霊を風に乗せる。
 木蘭が宝玉に左手を置く。
 その上に、天蓋が自分の左手を重ねた。

「我らは宝玉の主にして僕。宝玉は常に我らと共にあり、我らは生涯を宝玉に捧ぐ」
 木蘭が言い終わると同時に、一陣の風が桜の花びらを舞い上げた。
 木蘭は莞爾として微笑むと、続けた。

「絢爛の中に虚無が潜む。見事な美しさだ」
 天蓋が付け加えた。
「木蘭のように難しくは言えぬ。だが、夢の如し――だ」
「夢でもよい。我らが夢から覚めても宝玉が覚えている」

 春の夜風が再び花びらを舞い上げた。

   * * *
 
 木蘭が自分を見た。
 こんな瞳で見つめられたことは無かった。

「その命、私に預けてくれ」
 どれ程の思いがその一言に込められているのか。
 どう答えたらよいのか。

 天蓋は脳味噌を絞って考え、笑い飛ばすことにした。
 口を開けて大声で笑った。
 腹を抱え身を捩った。
 睨みつける木蘭を気にせず言い放つ。
「己の命を木蘭殿が使うのに、何の遠慮がいるものか」

 木蘭はその言葉にまた憤慨する。
「木蘭殿などと、何を言う。我らにそのような主従の関係など――」

 ああ、木蘭は変わっていない。

 天蓋は金鳳花の道を思い出す。
 木蘭はあの頃と変わらない。
 己も、何とか変わらずにここまで来れた。

 天蓋は声を出して笑うのを止め、代わりに木蘭に語りかける。
 力を合わせ助け合うのが我らの誓い。
 そう言いたかっただけなのだと。

   * * *

 天蓋は左足首が折れていた。
 せっかくの月は雲に隠れてしまっている。
 風が、風下の天蓋に獣臭と血の匂いを運ぶ。

 傍らの木蘭だけは。
 その一念で身を呈して必死に守ってきた。

 だが、その木蘭も凶獣に傷をつけられること既に数度。
 木蘭の顔は土気色に変わっている。
 天蓋は我が身を顧みず、ただ傍らの銀髪の少女を案じる。
 
 せめて、少女が詠唱を終えるだけの時間が稼げれば。
 そう念じながら長鎖を頭上で旋回させた。
 長さ一丈を超える純銀の鎖である。
 天蓋の祖父はこの鎖で人狼を封じ込んだと伝えられている。

 左足首が地面に擦れる度に歯を食いしばる。
 裂帛の気合と共に振り出した銀の鎖が、美しい残像を描いて伸びた。
 二度、三度と凶獣の胴に巻きつく。

「木蘭」
 天蓋は思わず声が震えた。
 木蘭が頷くと詠唱を始めた。
 その歯茎から血が流れ始めていた。
 天蓋の両の目からも血の雫が垂れる。

 木蘭が詠唱を終えた瞬間だった。
 宝玉が爆発したかのように閃光を発した。

 凶獣が光に包まれる。
 聴覚では感知できぬ高音が草木を震わせた。


 徹は、無意識の内にこの夢が終わりに近づいていることを感じていた。
 何かを願うならば今しかない、そう確信する。
(宝玉よ、リタの弟を助けてくれ)
 夢の中の宝玉が発する光の奔流に包まれながら、全身全霊をかけて祈った。
 
 自分が光の中に溶けていく気がした。
スポンサーサイト

男気出しすぎかな (プリムラ8)

2009年01月18日 23:07

 その頃、参宮学園の武道場の裏手で桐嶋和人は、寒さに震えながら杉山想平と何かを待っていた。
 
 杉山からの電話は、桐嶋の理解を超えるものであった。
「春分の夜、武道場の裏手の石碑で何かが起こるはずなんです」
 一体、誰が来て何をするのか。当然のことながらそう聞き返した桐嶋に対する杉山の答は、あっけなかった。
「僕にもわかりません」
 瓜谷がいてくれれば。その思いが桐嶋の脳裏をかすめたが直ぐに首を振った。危険であるならなおのこと、周囲を不用意に巻き込むべきでなかった――そう自分に言い聞かせながら無意識に拳を握り締めた。

(俺が藤原の盾になるんだ)

 無意識に武者震いしたところで桐嶋は強い尿意を催した。武道場の中の便所に入ろうとしたが、当然のごとく鍵が掛っている。桐嶋は杉山に一言断ると林の奥に入って懐中電灯を消し、その場で用を足した。

「す、杉山あ、それにしても、今夜は冷えるよなあ」
 暗がりの中に一人居ることが心細く、必要以上に大声を張り上げる。途端に鼻がむずがゆくなり続けざまにくしゃみをした。
「か、風邪ひいちまったかなあ」
 意識して明るい声を上げたが、後ろからの返事はない。用を足し終えた桐嶋がもう一度身体をぶるっと震わせて、もといた場所へと戻ると――

「偶然だな、桐嶋」
 高宮武が武道場を背にして立っていた。

 高宮は黒革のライダー・ジャケットに身を包み、手には銀色のヘルメットを持っていた。後ろには車椅子に身を沈めた杉山の姿がある。どんな技を使ったのか、杉山は無傷で眠り込んでいるようであった。
 
 入学以来何度も桐嶋のことを嬲ったその声が、夜の林で妙に優しく響く。
「まさか俺を待ってた――なんてことはないよな」
 その言葉に、怖れと怒りとが蘇る。
 両の手には武器が無い。万一に備えて家から金属バットを持ってきていたが、小便に行く際に杉山に預けてしまっていた。

(こういう運の悪さも、俺らしいのかな)

 桐嶋は尻の穴に力をいれると、精一杯胸を張った。
「お、俺が誰を待ってたか、教えてやろうか」
 高宮の目が光る。爬虫類が獲物を見定める冷酷な視線だったが、桐嶋は気付かない振りをすると、
「も、もっと、近くに来いよ」
 手招きをした。高宮が応じて二、三歩近づいた瞬間だった。

「高宮ぁ!」
 桐嶋は懐中電灯を高宮に投げつけ、その腹を目掛けて頭から突っ込んでいった。自分でも何をしているのか理解できないまま、相手が醸し出す禍々しさに身体が勝手に反応してしまった、そんな動きであった。
 だが高宮は落ち着いて左手で懐中電灯を叩き落とすと、桐嶋の脇腹に蹴りを決める。
 桐嶋は堪らず膝をついた。

「無駄だって」
 高宮が足元の懐中電灯を拾うと、右足で軽く払うように桐嶋の横面を蹴った。
「うげっ……っく」
 悲鳴を途中で飲み込み、鼻から血を流しながら桐嶋が立ち上がろうとする。その小柄な身体を震わせながらも、眼だけは高宮から逸らさない。

 高宮が唇を舐めた。
 その口が大きく裂けた。もはや高宮には嘗ての面影は微塵も無く、暴力が人の形をした容器に入っているだけだった。
 
(男気出しすぎかな、俺。もしかしてもう駄目かな)

 桐嶋の胸中には諦めに似た感情が去来したが、不思議と後悔はなかった。
「お前、死んでみるか?」
 高宮が右手の親指で唇を弾くと、止めの一撃を与えようと桐嶋に近付き――
 不意にその足を止めた。
 妖精が羽根を震わす澄んだ高音が、何処からとも無く響いてきた。

 音は風に乗り、闇に溶けていく。
 だが、その音色は聞く者の脳裏にこびりついた。
 桐嶋は口の周りを血で赤く染めながら、自分を仕留めようとしている男の背後に目を凝らす。
 
 るるんしゃうんしゃるん

 再び音が響き、闇に溶ける。
 桐嶋は何かを確認して、満足げに高宮の背中を指差した。
 そこには黒いブーツを履いた若い小柄な女の姿があった。

「き、来てくれるんじゃな、なんて思ってました」
 歯が折れているのか、息が漏れてうまくしゃべれなかった。
 小柄な女は茫洋とした表情を浮かべながら、滑るように歩いてくる。
 巫女を想像させる白い肌と後ろで束ねた長い黒髪が、この非現実的な光景に相応しかった。灰色のダブルのコートに身を包んだ女の左手には、幾つもの鈴が握られている。

 女の唇が小さく動いた。
「因果に逆らう獣よ」
 謡を低く口ずさむようだった。その吐く息が白い。
 高宮は口を大きく開けて女を威嚇した。口の中に牙が見えた気がして、桐嶋の全身に悪寒が走る。
 ブーツを履いた巫女が鈴を頭上に掲げると、何処からとも無く疾風が吹いた。

 るるんしゃうんしゃるん
 るうんしるんしゃんるうん
 
 妖精の羽音が響く。
「鵺を調伏した調べだ」
 女は、鈴を持った左手で目の前の空間に文字を書く。
 高宮は両耳を押さえて雄叫びを上げた。桐嶋はこれこそ、自分が待っていた「何か」だと確信した。

 安堵の表情を浮かべて桐嶋は崩れ落ちた。

お前は変わっていないが私は違うぞ (プリムラ9)

2009年01月21日 00:23

 鳴神菖蒲は、桐嶋の言葉に頷くと鈴を頭上に掲げた。
 今回、余りに自分の予想通りに事が運んだのが怖いほどであった。凶獣が高宮武を憑り代にしたこと、今夜この場に現れたこと。全てが計算通りと言えた。後は藤原徹とリタより先に凶獣を始末すれば、全てが終わるはずであった。

 どこからともなく集まってきて頭上に舞う烏の群れは、今やどれだけの数なのか見当も付かない。耳を塞ぎたくなるほどの鳴き声で鈴の音を圧倒しようとする。
 目の前の「高宮だった何か」は既に人ではなかったが、菖蒲は怯まない。これこそ自分が五年間待ち望んでいた光景だった。

 るるんしゃんしうんんしゃあん
 るるるんしゃるるんん

「……この五年、お前は変わっていないが私は違うぞ」
 宝玉の管理者となって五年、この化け物のことを忘れたことはなかった。
 菖蒲は手にした鈴で再び複雑な文様を描く。血の滲むような修行に耐え、鵺を調伏したと記録に残る古詠歌を数年がかりで自分のものにしたのも、必ずや来るこの日のためであった。

 足の裏から順に体内を螺旋状に巡らせた気を、ゆっくりと頭上まで運ぶ。
「おとなしく――」
 そこで息を止めた。烏の鳴き声が脳裏から消え去り、頭の芯がしんと静まり返る。

「お前の世界に戻れ!」
 一気に左手を一文字に切り下ろした。
 直後、左腕に血管が沸騰するかのような痛みが走り抜ける。そのまま痛みが音にならない衝撃となって、高宮へと奔った。

 ごぐおうおううるう

 高宮は絶叫とともに弾き飛ばされた。
 空中で奇妙な角度に胴体を捩じられたまま肩から地面に打ち付けられる。
 高宮の雄叫びに呼応するかのように上空の烏達は一層激しく鳴き声を上げ、黒い羽根が穢れた雪片のように次々と地面に舞い落ちた。
 
 菖蒲は、額に玉の汗を浮かべながら一歩、二歩と近付いた。
 高宮は、見えない投網にかかった猛獣のようにそのまま動けず両手両膝を地面について苦悶の表情を浮かべている。

(凄い……)
 菖蒲は初めて用いた技の威力のほどに、我ながら驚嘆した。だが半面、その精神の消耗の度合いも尋常ではなかった。二撃、三撃と続けて放てるような技ではなかった。

 早く終わらせなければ。
 その思いが菖蒲をつき動かす。

 菖蒲は、一歩踏み出せば高宮の鼻先を蹴り上げられる位置に立った。高宮は革のジャケットを着た背中を丸めて首だけを向けると、がちがちと口を鳴らした。
 その顔は眼球が白目に裏返り、緋色の泡が口の端に幾つも浮かんでいる。股間はぐっしょりと濡れ、穿いているジーンズからは湯気が立っていた。
 常人であればとても正視できる光景ではなかった。だが、菖蒲は目を逸らさない。

「我が流派の調べ、存分に味わえたか」
 返事の代わりに高宮の耳から、鮮血が一筋流れ落ちた。鈴を持った左手をもう一度頭上に掲げる。
「凶獣よ――」
 その瞬間、高宮が突然唸り声を上げた。

(なっ……)
ぞくり、悪寒が背中を駆け抜ける。

 全身の力を振り絞って鈴の呪縛を解いたのか、それとも全ては菖蒲をおびき寄せるための策略だったのか。百八十五センチを超える長身から、両腕を人ならぬ速度で伸ばす。自分より頭一つ小さい菖蒲を喰らわんとするがごとく、その口を近づける。
 菖蒲の瞳が、かっと見開かれた。

「凶獣よ、逝ねえ!」
裂帛の気合と凶獣の雄叫びとが響きわたった。

ずるいのは自分だ (プリムラ10)

2009年01月22日 23:44

 それから六時間後、荻原有理は部屋に差し込む朝日に目を覚ました。
 
 午前六時四十分。隣のベッドでは有為が穏やかな寝息を立てている。
 夜更け過ぎに眠ってしまったが、静かな朝を迎えたということは特に心配するようなことは起きなかったのだろう。無事に春分の夜を乗り切ったことに、じわり嬉しさが擡げてくる。妹の肩に毛布をかけるとガウンを羽織った。
 欠伸をかみ殺して部屋の外へと向かいながら、有理は昨夜の会話を思い出していた。

「徹君は宝玉に何をお願いすることにしたの?」
「う……ん。秘密、かな」
 徹は夕食後、有理たちが持ってきたケーキを食べながら、どこか困ったような笑顔を浮かべていた。
「もしかして、あたしに関係あっちゃったりする?」
 楠ノ瀬麻紀の言葉に徹はいつもの口癖で問い返した後、半ば呆れ半ば申し訳なさそうに否定した。
「あれえ、おかしいなあ」
 不思議がってみせる楠ノ瀬麻紀に、その場は笑いに包まれて和やかになった。

 あの時、自分が顔を赤くしていたことに誰か気付いたろうか。
 そう、楠ノ瀬麻紀の台詞は、自分自身が心の片隅で期待していたことだったのだ。

 彼は夏休みの終わりに告白してきた。

 正直に言えば自分は告白されることに慣れていたし、彼からもそんな気配は漂っていた。感じが悪い言い方だと判っているが、こういうことは経験がものをいう。
 自分は結局その場で返事をしなかった。
 そのうち、いつの間にか関係も元に戻ってしまったし彼も吹っ切れてしまったようだ。
 けれども、自分はそれを悔いている。
 
 自分はあの時、彼がずるいと言った。
 だが今になって思う。ずるいのは自分だ。

 意識し出したのは体育祭だったろうか。あの時彼は、明らかに自分以外の何かを背負っていた。
 それとも、楠ノ瀬麻紀のシュガークラフトを見に行った時だろうか。何故あの時、自分は「賭けをしよう」などと言ったのか自分でもわからない。きっと、無意識に彼の心を揺さぶりたかったのだ。

 最近彼は、リタとの距離が近くなった。
 
 当然だ。彼らは連なのだから。でも頭では納得しても心では納得できていない。
 リタはとても一途だ。有為は、リタが彼を利用していると怒ったことがあるがそれは違う。リタは彼を心から信じているだけだ。そしてその思いがあれば、いくら鈍感な彼とはいえ伝わらないわけがないと思う。
 
 彼がリタの為に祈ることは判っていた。なのに自分は愚かにも何かを期待していたのだ。
 ずるいのは、今日を指折り数えて待っていた自分の方だ。
 春分が過ぎれば彼らの連も事実上終わりだから、と―― 

「誰かいないのか。セシルはどこだ!」
 朝靄を切り裂く少女の激しい声に、有理は一気に現実へと引き戻された。急いで上階のリタたちの寝室へと向かう。階段の登り口でセシルと出会うとそのまま二人で階段を駆け上がる。果たしてリタたちの寝室の外には、毛布で胸を覆った赤い髪の少女の姿があった。

(リタちゃん?)

 それは確かにリタだったが、瞳の色が異なる気がした。
「リタ様、どうしました!」
 問いかけるセシルは慌てているようでその実、諦めに似た翳が差している。有理の違和感はさらに強まった。

「リタちゃんどうしたの、徹君は?」
 赤い髪の少女は有理を完全に黙殺した。
「セシル、部屋に見知らぬ東洋人が潜り込んでいる。すぐに警察を呼べ」
 弾かれたように有理が部屋の中に飛び込む。リタの寝ていたと思われるベッドでは徹が規則正しい寝息を立てていた。有理は急いでその肩を揺さぶる。

「徹君、起きて。リタちゃんがおかしくなっちゃったの」
 だが徹は優しげな表情のままで起きようとしない。糸の切れた操り人形のようにぐらぐらと揺れるだけである。何か異変が起きたのは明らかだった。
 有理は世界が音を立てて崩れていくのを感じた。

「徹君、徹君」
 有理は必死に呼びかける。
 こんなはずではなかった。
 自分と徹との賭けはこんな形で終わるはずではなかった。
「ねえ、起きてよ徹君」
(お願い、これは夢でしょ?)
「ねえ、徹君ってば!」

 セシルが黙って有理を隣室へと誘った。
 三月二十一日の朝のことであった。

 目次に戻る


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。